育毛剤とシャンプーで健康な髪に

###Site Name###

カラーリングやパーマを繰り返してきたことで、若くして髪の毛が薄くなってしまいました。
若い頃は豊かな髪が自慢であったものの、30歳前後で薄毛が気になりだしました。


その要因については自覚があり、カラーリングなどの刺激によって髪が細く弱ってしまったことが原因です。

髪を太くし、コシとハリを取り戻すために、育毛剤やローションに加えて薬用育毛シャンプーの併用を行い、頭皮の改善に努めました。

カラーリングやパーマによって髪も頭皮もダメージを受けているため、まずは薬用育毛シャンプーによって頭皮を健康に改善しました。薬用シャンプーを毎日使い続けることによって、弱ってしまった頭皮の血行が促進されていくのが分かりました。薬用育毛シャンプーは洗い上がりがさっぱりとしているものの、冬場でも頭皮が乾燥することもなく、髪もパサつくことも無くなりました。



血行が促進されると、栄養が頭皮を通じて髪にまで行き届くようになります。育毛剤やローションの使用を開始する時期というのは、頭皮の健康が改善してからの方が効果的です。
頭皮の改善を見極めるコツは、頭皮のかさつきやフケの現象にあります。

僕の場合は髪が細くなってしまい頭皮が乾燥しやすくなることが無くなりました。


頭皮が改善したことにより、ローションや育毛剤を使い始め、細くなってしまった髪にコシとハリが戻ってきました。一時は植毛を考えたこともありましたが、根気よく頭皮の改善に努めたことが功を奏しました。